スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺様な男との出会い

ごく普通に、お見合いパーティというか、コンパで出会った彼!

さわやかそうで、人当たりの良い感じだった。

正直、私は、そんなに好き嫌いのないほうなのね。

でも、それは、突き詰めるとすごく好き嫌いが強くて、そんな自分を抑圧しているのかもしれないと、知り合いに言われたことがある・・・。確かにそうかもしれないとも思う節がある。

でも、突き詰めると人間はすべて似ていて非なる存在ということから考えると、みんな同じような感じじゃないかとも思う。

唯、譲れない部分というか、そんなものがそれぞれ違うだけで、似たり寄ったりだ!!

てな、訳で、なんとなく彼の家が近いということで、私は彼の家に押しかけた・・・彼は心地よく家に引き入れてくれた。

お決まりのパターンが始まろうとしたときだった。

彼ったら、洋服ダンスの中からセーラー服を取り出してきた。しかも形が違ったり(特に襟のところ)色が違ったり・・・正直私は驚いた><

セーラー服の形を嫌ったのじゃない。

私はセーラー服を着ることが嫌だった。なぜって、セーラー服が似合う年ではないと思ってるから。おまけに私はそんなに童顔ではない!!


思わず私は言った、『バニーガールの着てもいいけど・・・』

彼は『セーラー服だからいいんだ!!』

思ったのは、彼はセーラー服でないといけない人なんだなと思った。彼の要求にこたえようとも思ったけど、やっぱりできなかった。

結局私たちは、コスプレをすることはなかった。

でも、私は一生懸命彼を愛してあげた。もちろんお尻の穴だって、丁寧に肛門のしわを一本一本なめてあげた。

すごく喜んでいた、彼!!

『お願いせずに肛門までなめてくれるとはすごく感激!!』

私は少なからぬ征服感に満足した。男性が喜ぶ顔を見ると私はとても幸せになれる!!

でも、その行為が彼を付け上がらせるとはそのとき、思いもよらなかった・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hなエリちゃん

Author:Hなエリちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。